曇から雨☂ 映画館へ

5月24日  明石の空です。

曇空から ポツ ポツ っと本降りになりました。

f:id:makkosan70:20210524103827j:plain

少し 青空が かかった くもり空さん。

f:id:makkosan70:20210524160654j:plain
f:id:makkosan70:20210524160719j:plain

でも ポツポツ きました。

f:id:makkosan70:20210524103729j:plain

雑草なのですけど あまりにも 可愛かったので(^^♪

 

 

映画館も休んでいるのかと思ってたら

イオンシネマ あいてる~(*^^)v

早速 公開になってる、「いのちの停車場」を観に行ってきました。

f:id:makkosan70:20210524160251j:plain
f:id:makkosan70:20210524160332j:plain

原作を読んでいたので、最初からの出だしは理解でき

そのストーリーに入って行く事ができました。

吉永小百合さんのお父さん役の方の 

物数少ない存在感は 心に残りました。

感動もあり、これが現実なのですと言う所もあり

観て良かったと言う気持ちで帰ってきました。

旦那さんは一ヶ月と短い在宅医療でした

在宅医療か緩和ケアーの病院かの選択を言われた時は

あ~ 今までお世話になった病院から

見放されたのかの様な感覚が少しありました。

そうじゃないのは わかっているのに*****

旦那さんの通院もしんどくなり、

入院しても治療の方法は限界で 現状を維持していくだけ

転院はしない  家でみますと!

それなりに ケアー看護師さん達は いろんな手配をして

連結がスムーズに行くように していただきました。

最後は私が時計をみたのと先生が告げた時間は三分の差がありました。

そこには 最後を看取った落ち着き払った自分がいました。

(在宅医先生はその時いなく数分後に)

私の気持ちですけど、最後のあの瞬間は見たくなかったなぁーと!

その瞬間は たぶん 話すことは ないと思います(>_<)

最後を病院で看取るのが気持ち的には負担にはならないのかもですね!

 

 

おまけ

f:id:makkosan70:20210524103840j:plain
f:id:makkosan70:20210524103914j:plain
f:id:makkosan70:20210524103902j:plain

昨夕の陽が落ちるまえの空です。

 

 

「素敵な言葉」

 

 愛想が尽きるような 自分でも見捨てないこと

 

  自分を愛せない人は人を愛せない

    ありのままの自分を受け入れられた時

      心の中に優しさと強さを持つことができる。

          (渡辺和子さんの本の中からです)

 

♪♪♪ サザンオールスターズを聞きながらのブログです。

 

 

  素敵な時間をお過ごしください✾✾✾