心の中の cont down(最終回)


2月28日  明石の空です。

穏やかな晴れたり影たりしています。

f:id:makkosan70:20210228140537j:plain

外の陽ざしの方が暖かです

f:id:makkosan70:20210228140619j:plain
f:id:makkosan70:20210228140709j:plain
f:id:makkosan70:20210228140747j:plain
f:id:makkosan70:20210228140735j:plain

雲の隙間からの太陽です。

f:id:makkosan70:20210228140651j:plain
f:id:makkosan70:20210228140638j:plain

 今日もピンクの輪っかがでてました。

 

今日は旦那さんの一周忌

cont downは終わりです。

息子さんが旦那さんの別れの時の挨拶をしてくれました。(弔辞)

その中からの言葉です。

「数年前に肺を患いながらも私達や皆様に心配かけまいと

最後まで強く元気な姿を見せてくれていたと思います。

負けず嫌いな性格で自分の身体を酷使してでも

仕事に励み私達家族を守ってくれました。

そんな父は自分よりも人の為に尽くすことを生き甲斐として

人として接し私達でなく多くの方々にとっての父親でもあったと私は思ってます。

父との思い出の中から抜き出して伝えていいのであれば

多くの従業員に囲まれ楽しそうに笑う笑顔は本当に幸せそのものでした。

今はもう見る事ができないその笑顔が儚くとても尊いものだと気づかされます。

そんな父は不器用な一面もあり、47年に渡る長い夫婦関係は

父を最後の最後まで支えた牧子あってのことだと思います。

父 憲治は 母 牧子に対してその生涯で数えきれない程の

感謝を言えず心の中で留めていたのだと思います。

照れ屋の父のために私ができる最後の親孝行は

父の思いを借りて私が伝える事にあり

今から述べる一つの言葉は父の言葉だと思っていただけたら幸いです。」

「牧子さん今まで本当にありがとう」

           令和2年 2月28日  息子

 

f:id:makkosan70:20210228161029j:plain

また三回忌へ向けて気持ちを切り替えながら

素敵な時間をたっぷりとプレゼントしてもらっているので

自分なりに前へ歩んでいけたらと模索しながら頑張ります(*^▽^*)

 

先日宮崎県日南市に住んでる弟夫婦から

旦那さんへスィトピーの花が届きました。

 

f:id:makkosan70:20210228143735j:plain
f:id:makkosan70:20210228143752j:plain
f:id:makkosan70:20210228143807j:plain

沢山のスィトピーです。

f:id:makkosan70:20210228140521j:plain
f:id:makkosan70:20210228140508j:plain

綺麗にさしかえました。部屋の中はお花の香りです。

f:id:makkosan70:20210228140438j:plain
f:id:makkosan70:20210228140454j:plain

折れたのもワイングラスで!

 

旦那さん 良かったね 綺麗だね(^^♪

気持ちも華やかになります。

一夫さんまゆみさんありがとうございました。

 

いつも目を通して頂きありがとうございます。

ブックマーク・コメントありがとうございます。

これからも糧にして続けられていける様に

頑張って行こうと思います、よろしくお願いします。

 

 

今から子供達がくるので手料理を少し 頑張ろう(^▽^;)

 

 

「素敵な言葉」

 

  楽しい事は「自分から探す」

 

(楽しさに限界はないから 

     どんな事だって楽しめばいいんです

          今を楽しめる あなたで)

        LEEさんの今日のブログからです。

 

 

オフコース竹内まりや西城秀樹・クリエイション(ロンリー、ハート)

など、聴きながらのブログです。

 

 

   素敵な時間をお過ごしください。🌷🌷🌷