雨のち晴れ

12月28日  明石の空

朝、雨の音で目覚めです。

f:id:makkosan70:20201228092753j:plain
f:id:makkosan70:20201228092741j:plain

水たまりができてました。

f:id:makkosan70:20201228092805j:plain
f:id:makkosan70:20201228092821j:plain

雨に濡れたマンホール、子午線マークです。

 

一時間後晴れ晴れになりました。

f:id:makkosan70:20201228103354j:plain

f:id:makkosan70:20201228103424j:plain
f:id:makkosan70:20201228103410j:plain

とても、暖かい、青空です。時々、気まぐれ天気になってます。

 

子供達が飛び立ち、二人だけの生活が始まった時に、

旦那さんに、提案したことがあります。

「ねえ、もうこの家の中にはお父さんと二人だけやから

  名前で呼び合およと、、、、、」

私はいつでも、「憲ちゃん」と呼べたのですけど、

旦那さんはいつも「お~い」としか、呼んでなかったので*****

私の親や姉達の前では、「まっこさん」と呼んでました。

その延長線がほしかったのですけどね (^^♪

お互いに、貴方の、お父さん、お母さん、ではないので、

子育ての任務を終えたら、恋人の時の様に

名前で呼び合うのもいいのかなあと思って!!

 今では、旦那さんの甥子達(40才~50才代)が、おばちゃんではなく

「まっこさん」と呼んでくれてます。(嬉しい響きです。)

 

今、振り返れば

旦那さんの病状の下りは主治医の先生はわかっていたんでしょうね。

信頼できた、先生だったので安心して、頼っていました。

その気持ちがあったので、こちらも穏やかに過ごせたのだと思い、

先生を信頼する事は心も落ち着き、大事なことだと思いました。

 

 

   素敵な言葉

 

 

満開の桜や色づく山の紅葉を 

 この先いったい何度みることになるだろう 

ひとつ ひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さを

ひとり ひとり 愛する人達のために生きてゆきたいよ

Ⅰ say  it`s  fine  to be 60

(60才って元気だねと言うと)

You say  it‘s  alright  to be 70

(あなたは70才でも大丈夫よと言います)

   ~~~~~

長い旅路の果てに輝く何かが誰にでもあるさ

   ~~~~~

Ànd  they  say  that  life  has  no  meaning

(みんな人生には何の意味もないって言うけれど)

But  Ⅰ still  berieve  it`s worth  living

(それでも生きることは価値あることだとわたしは信じてます)

             「人生の扉  竹内まりや

 

1970年代の曲を聴きながらのブログです。

 (夜空のトランペット・布施明シバの女王・等)

 

今年も後4日。  素敵な一日をお過ごしください。